運動

自宅で実践!バストアップストレッチ

年齢とともに常に悩みが尽きないのが、バストです。
胸が小さい人は、そのことがコンプレックスになり、バストアップしたいと強く希望する人もいます。
年齢とともにバストが垂れたり変形することで、今までの自分の胸とは違うことにショックを感じる人もいます。

特に出産して母乳で育てている人は、授乳中乳腺が活発に働いていたことでバストが一時的に大きくなります。
しかし卒乳すると、乳腺の働きも一気に衰えるため、胸がしぼんでしまいます。
妊娠する前よりも小さくなったように感じたり、バストの位置も下がったように感じます。

そんなバストが気になる人にとって、バストアップは深刻な悩みです。
バストアップにも今ではいろんな方法があります。
手術をして確実に大きくする方法もあれば、毎日の生活の中でコツコツと行っていくものまで幅広くあります。

手術やサプリメントなど費用的に負担がかかるものも多く、続けたくても続けられない人もいます。
そこで費用などがかかることなく、毎日の自宅で行うことができるバストアップのストレッチがあります。
継続して行うことで効果も期待でき、いつまでも努力次第でバストアップを保つことができます。

なのでバストアップ方法としてはとてもお勧めです。
バストアップでまず意識しなくてはいけない場所は、大胸筋です。
大胸筋はバストの土台となる筋肉の部分を指します。

大胸筋を鍛えることでハリのあるバストを目指していきましょう。
どこでも手軽にできる肩をほぐすように回していくストレッチです。
背筋を伸ばして胸を張り、正しい姿勢で行います。

肘をまげて外側に向けてから、手を肩に乗せて大きくぐるぐる回していきましょう。
一回で右回りと左回りをそれぞれ20回づつ行います。
これを一日数回行いましょう。

もう一つのバストアップ法は、手のひらを合わせて胸の位置まで上げます。
手のひら同士を押しあうことで、大胸筋が鍛えられます。
これもバストアップに効果が期待できるストレッチ法の一つです。
手軽にできるものから始め、より運糖負荷が高いエクササイズなども取り入れていくとより効果が期待できます。
まずは無理なくストレッチから始めていきましょう。

Copyright(C) 2013 女性の魅力を引き出すためには All Rights Reserved.